製造業における人材育成の重要性とその手法 ~その4~

人材育成計画に応じた研修テーマ

研修のテーマは、企業の人材育成計画によって大きく異なりますが、一般的なものでは新入社員研修やマネジメント研修などの階層別の研修が考えられます。

新卒採用時の新入社員研修では、会社の人事制度やITシステム、ビジネススキルなどを学ぶことが多いでしょう。階層別の研修は、役職別や入社年数による区分で研修を行うこともあれば、リーダー候補育成のために部署から数名などと選抜されて行うこともあります。

人材育成

「経営・マーケティング・財務などのビジネスパーソン向けの研修」「業務遂行力を養ったり仕事の効率的な進め方を学んだりするための研修」「コミュニケーションスキル・交渉力・プレゼンテーションやファシリテーションのスキルを向上させる研修」「課題設定や情報収集など思考力を伸ばす研修」などがあります。管理職向けには「コーチング・人事評価・マネジメント能力」などの研修もあるでしょう。

このように、人材育成のためには目的に応じたさまざまな研修テーマが考えられます。注意すべきなのは、人材育成は効果が出るまでに時間がかかるということです。そのため、業務が忙しい時期には現場の理解を得にくいことも考えられます。現場の意見を取り入れながらも、中長期的な事業計画や経営視点をふまえた人材育成プランを企画することが重要です。

おわり

~その1~
~その2~
~その3~

まずはお気軽にお問い合わせください
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る