「サプライヤーの品質評価・指導法」実践セミナー

目的・ポイント

原価低減が急務となっている今、国内外問わず、サプライヤーの育成や指導に力を入れる企業が増えています。
しかし、品質向上や品質管理の課題においては、思うような成果をあげられていないのが実情です。

サプライヤーの評価や育成法の正解は一つではありません。
しかし、各企業で多くの有効な手が打たれているのも事実です。

本セミナーでは、講師が多くの企業と共同研究してきた成果をもとに、できるだけ多くの事例を紹介し、具体的な演習を行うことで、バイヤー自らがサプライヤーの特性に応じた指導・育成方法ができる力を身につけます。

対象

【基礎編】

  • 品質管理を基礎から学びたいバイヤーの方
  • サプライヤー育成・指導のご担当者

【応用展開編】

  • グローバル調達のご担当者
  • 繰り返される海外サプライヤーの品質問題にお悩みの方
  • DR(Design Review)における調達部門の関わりについて課題をお持ちの方

このようなお悩みをお持ちの方におすすめします

  • サプライヤー育成担当になったが、どこから手をつけていいかわからない
  • 協力会社の品質評価プログラムを作成したい
  • コスト中心のサプライヤー選択から脱却したい

プログラム

1日目 10:00~17:00
基礎編:品質管理の基本とサプライヤー評価・強化法

【1】サプライヤー評価と品質評価の基礎
  ・ISO面から見た体制診断
  ・倒産する会社のキー
  ・簡単で効果があがるスピード改善手法
  ・経営直結型5Sの進め方

【2】品質問題の影響の理解(品質コスト算定)
  ・品質に対する不安の実態
  ・PL問題の理解

【3】身につけるべき不良発生メカニズム解析
  ・現地指導
  ・3現主義(現場+デザイン)
  ・品質改善手法投入(QTAT)
  ・品質改善指導者の技術向上対策
  ・原理図化法と原因―結果、メカニズム解析

【4】不良発生予防のための監査方法
  ・サプライヤーに是正対策を正しく行ってもらう指導
  ・比較分析法と的確な質問力向上対策

【5】まとめ・Q&A

原価低減の鍵を握るサプライヤーの育成や強化が喫緊の課題です。サプライヤー自身が自ら品質を向上させ、さらなる競争力強化を図ることは、調達する側と納入する側の両者にとって重要なことです。そこで基礎編では、
・ものづくりの基礎となる物理現象解析~品質管理の基礎知識を学び、
・サプライヤーの立場で指導と強化を図る技術手段を整理し、
・実際にサプライヤーの育成指導へ展開する力を身につけます。
基礎技術習得のため、演習中心で進めます。

2日目 10:00~17:00
応用展開編:海外サプライヤーを含む品質評価・育成法

【1】海外調達選定時の注意点
  ・海外生産の概要
  ・世界の工場として生産する中国の実態

【2】調達システムのあり方と見直し
  ・サプライヤーの各種問題と対策法
  ・協力会社との連携のあり方

【3】不良再発ゼロへの対処法
  ・ISO運用は基本中の基本

【4】海外サプライヤー指導のポイント
  ・品質保証の重要性
  ・品質機能展開図の構成
  ・不良・クレームゼロ対策へのチェック・指導法
  ・目で見てわかる標準化~早期育成法

【5】デザイン・イン対策
  ・事後対策の繰り返しが招く、悪魔のサイクル
  ・製品開発事前検討の要点
  ・事前検討対策の必要性と事例
  ・未然防止に当たっての重要な概念

【6】まとめ・Q&A

グローバル化が進み、海外調達は特別なものではなくなっています。 安価に購入したはずが品質問題につながっては、意味のない活動です。
そこで、不良対策手法を駆使した実務展開を進めるため、特に中国での事例を中心に
・ISO9001を参照に整備すべき管理方法
・キーとなる工程や品質チェック方法
・契約と評価技術
について学びます。 品質問題は、事後対応ではなく予防対策が重要です。
各社が抱える問題や、成果が出ている運用の実例を解析することで、効果的な手法を探求します。

※プログラム内容は変更になることがありますので予めご了承ください。途中休憩、昼休みを挟みます。

まずはお気軽にお問い合わせください
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る