事例:製造部門 係長研修

ねらい

  • 製造部門係長として、①必要となる役割認識とスキル、②仕事の進め方(計画と管理、割り振り)、③問題解決力、④部下育成、⑤リーダーシップ、⑥係長としての覚悟 を持った人材になるための気づき・マネジメント力の養成とスキルアップをはかる。
  • グローバルにおいても強い、係長のレベルとなること

対象

係長職

プログラム例 2日

1日目 9:00~17:00

係長の役割・スキルとは
【講義】
 1.製造業(会社)における係長の役割
 2.係長に求められるスキルとは  3.リーダーシップとは
【個人演習】
 ・係長として、あるべき役割とマインド・スキルとは
【チーム演習→発表→全体討議】
 ・係長として「あるべき役割とマインドとスキルとは

QCDの現場責任者としての仕事の計画と管理
【講義】
 1.係長としての現場QCDの管理とは何か
 2.現場の日常管理とその実施方法
 3.仕事の計画化の実践方法
 4.「見える化」の進め方
【個人演習+グループ討議】
 ・日常管理項目をベースとした、仕事・改善の計画化と
  業務の分担方法、及び活動指標設定
 ・管理のサイクルを上手く回すための工夫

2日目 9:00~17:00

部下育成と指導スキル
【講義】
 1.リーダーシップとモチベーション
 2.部下をやる気にさせる指導方法とは
 3.標準の重要性及びその指導について
【個人演習】
 ・自部署を題材にしたメンバー毎の指導ポイント再考
【チーム演習→発表→全体討議】
 ・係長として指導者として、行うべき部下への行動
  (自ら変わるべき事、管理範囲で改善すべき事)

係長としての現場QCDの問題抽出と問題解決
【講義】
 1.現場のSQCDの問題設定の方法
 2.現状把握
 3.要因解析
 4.対策立案
【チーム演習→発表→全体討議】
 ・係での問題設定と問題解決ストーリーを試行

まずはお気軽にお問い合わせください
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る