事例:電気・電子部品の壊れ方セミナー

プログラム例 2日間

1日目 10:00~17:00

1.基本的な考え方
 ・電気製品の故障の実態
 ・故障の定義、事故、故障、劣化、寿命
 ・故障モードとメカニズム
 ・加速試験(部品)と限界試験(完成品)
 ・部品の選び方と使い方
 (電気定格、ディレイーティング、安全規格)

2.材料、構造、製造から見た部品のウィークポイント ― その1
 ・電源コード、リセプタクル
 ・受動部品
  コンデンサ(フィルム、アルミ電解コン、タンタル、積層セラミック)
  バリスタ
  トランス、コイル、抵抗

2日目 10:00~17:00

3.材料、構造、製造から見た部品の ウィークポイント ― その2
 ・能動部品
  個別半導体(トランジスタ、SSR)、LSI、
  フォトカプラ
 ・その他の部品
  プリント基板、ケーブル、コネクタ、スイッチ

4.故障部品の解明技術
 ・解析機器の紹介
 ・解析手法(手順、着眼点、壊れ方のメカニズムの推定と見極め)
 ・再現試験(試験条件、試験手順、データ解析)
 ・故障の原因(部品と使い方の切り分け)

5.電気・電子機器への対策
 ・市場の故障モード体系
 ・完成品と部品で対策を考える
 ・電気設計者と機会設計者の境界領域を埋める

まずはお気軽にお問い合わせください
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る