事例:技術情報の捉え方・プレゼンテーション力研修

研修目標

情報の取り方、整理方法を学び、それらを活用しながら資料にまとめ、プレゼンテーションできるようにする。

プログラム例

1日 9:00~17:00

○オリエンテーション
 研修の目的・進め方の説明

1.情報の取り方 ~ 公開情報、特許分析等を活用市場・競合分析法
  ・公開情報の取り方 ex.)インターネットのうまい活用、雑誌、シンクタンク、海外情報、フェルミ推定(ミニ実習)
  ・特許分析 ex.)特許公報データベースを活用した競合戦略分析(ミニ実習)

2.情報整理の仕方 ~ 技術ロードマップ、PEST分析等の活用法
  ・技術ロードマップ、PEST分析の作り方
  ・技術ロードマップまたはPEST分析作成実習

3.技術開発の効果的な進め方 ~ フロントローディング、オープンイノベーション
  ・フロントローディングの必要性と他社事例
  ・フロントローディングミニ実習
  ・オープンイノベーションの必要性と他社事例(ODM/EMSの活用革新含む)

4.論文、報告書の書き方 ~ パターンに応じたお作法
  ・論文、報告書の書き方パターン
  ・ロジカルシンキングと演繹法
  ・ロジカルライティング

5.プレゼンテーションの仕方 ~ 目から訴える、耳から訴える等
  ・プレゼンテーションの仕方
  ・パワーポイント資料の作り方のコツ

6.実習
 各自テーマ(要ご検討)に沿って2~3分程度のプレゼンテーションの実習(紙芝居方式)
 質疑応答

まずはお気軽にお問い合わせください
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る