技術者の「本質的な製品安全」を見る目を磨く 電気安全環境研究所インタビューVol.1 

高度な機能を持つ製品の安全性確保と早期開発のニーズが高まるなか、提供する企業側には未然のトラブル防止や時間・コストのロス低減がより一層期待されています。開発・設計時点からの「先手」の信頼性向上の取り組みも、その製品や提供企業の付加価値として重視されているとも言えます。

今回は、認証機関として製品安全対策に携わる技術者向けに「製品安全技術作り込みセミナー」を導入いただいた、 一般財団法人電気安全環境研究所 経営企画部長の住谷 淳吉様にお話を伺いました。 聞き手は日本能率協会(JMA) 近藤健介です。

技術者の「本質的な製品安全」を見る目を磨く

(近藤)
まず、住谷様の現在のお立場と役割についてお聞かせください。

(住谷)
我々の主な仕事は、公的な規格等にもとづいて電気製品の試験又は認証をすることです。
私は、一般財団法人電気安全環境研究所の経営企画部長で、主に経営や自社のイメージ向上のための種々の企画を担当しております。

今回の技術研修によって、我々の技術者の知識向上が顧客への信頼に結びつき、それが我々の業務のプラスになることを目的に、研修企画を立案させていただきました。

また、私は、企画を担当する前に、技術研修を担当する部署と兼務をしており、前々から技術研修の担当もしていましたので、有益な技術研修については興味がありました。

(近藤)
ありがとうございます。
今回、われわれにご依頼をいただいた教育研修テーマについて、お聞かせください。

(住谷)
今回は、「製品安全技術作り込みセミナー」です。このセミナーは、電気・電子機器技術者を主な受講対象として、設計の立場から製品安全と信頼性向上のための基本的な考え方や原理・原則を体得するものですが、我々の試験や評価業務にも関係するものとして企画させていただきました。

(近藤)
では、どのような課題から、このセミナーを導入されたのでしょうか?

(住谷)
私ども電気安全環境研究所(JET)は、普段は電気製品の安全試験をさせていただいております。

通常の安全試験では、市場に出る前の商品を調べたり、市場に出たあとの商品を買って製品安全規格に従った試験をしています。そのため、試験サンプルは、通常は新品を使用しています。

①したがって、事故品を直接的に見たり、試験したりするということはあまりありません。しかし、今後は、事故品を見たり、事故の事例を多く知ることによって、新品の状態からでも、事故の可能性を想定できるような感覚を身につけたいと考えています。それにより、事故を未然に防止できるようなことを普段の試験に活かせないかと思っておりました。

その感覚をどうやって、技術者に身に着けてもらうかですが、1つの方法は、事故品を実際に見ること。もう1つは、今回のような理論を体系的に学ぶことと考えました。

何故このようなことを思ったのかと言いますと、電気用品の製造又は輸入に課せられる電気用品安全法の技術基準が性能規定化されたことに関係します。

技術基準が改正される前は、技術基準に規定された試験方法等(仕様規定)によって電気用品が基準を満たしているかどうかという試験をしていましたが、技術基準から仕様規定がなくなり、例えば、火事を起こさない構造であることとか、感電しない構造であることというイメージの目的だけを示す技術基準となりました。

このため、決められた試験を実施するだけでなく 本質的に、電気製品がどうしたら安全なのかということを、考えるという基準に変わったのです。

このように、電気用品安全法の技術基準の体系が変わったことによって、われわれも「本質的な安全とは何か」という目を今後は養わなければいけないと思い、今回のようなセミナーのテーマを探していました。

~つづく1/4~

まずはお気軽にお問い合わせください
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る