世代交代・技術伝承を推進する人材育成体系を 資材メーカーB社インタビューVol.2

製造担当者の中堅層の共通基本知識とマネジメントスキルを高めるための施策として、CPF(第一線監督者マネジメント資格)とそれに付随するトレーニングを自社内研修として導入いただいた資材メーカーB社様。 人事室長様と人材開発ご担当者様に、導入の経緯や成果について伺うとともに、教育体系や技術伝承の考え方についてもお話いただきました。聞き手は日本能率協会(JMA)岡田健作、佐藤敦です。お客様からのご希望で会社名を伏せてご紹介しています。前回の内容はこちら

世代交代・技術伝承を推進する人材育成体系を

(岡田)
今回の研修は、入社5-6年目の方を対象にされ、基本的な知識をしっかり身につけるということが大きな目的であったということですが、御社の製造部門で、他にも社内研修などは実施されていますか?

(人材開発ご担当者)
そのほか今年度は、入社1年目から3年目までの社員を集めて、同様の研修に取り組んでいます。
対象者が増えるごとに、継続して行っていくことに意味があると思っておりますので、今後も定期的に続けていきたいなと思っています。

(岡田)
工場長の方々を対象とした研修も実施されていましたよね。

(人材開発ご担当者)
はい、実はちょうど先週行いました。各工場の工場長を集めまして、こちらもお互いの交流を深めてもらうということと、同様に体系的な研修というものを作り上げたいというねらいで、続けていきたいと考えております。

(人事室長)
初めにお話しした入社5~6年目の中堅社員を対象とした「工場管理研修」の一部が、「CPF試験対策セミナー」と「人と機械・設備の最適組み合わせ研修」です。そして入社1~3年目社員の研修。
工場長対象の研修では、課題の確認や、会社の経営方針などのすり合わせを行っています。製造関連の研修ですと、現在はその3つですね。

(岡田)
社員教育を充実させなければならないと考えるようになったきっかけや、会社の方針や課題など、そのあたりはいかがだったのでしょうか。

(人事室長)
まずは大前提として、会社の中に世代構造の偏りがあるということです。どういうことかと言いますと、50代の人間が、今グループ全体を通して全くいないという状況なのです。これは、第二次オイルショックの後に採用しなかった、できなかったことが原因なのですが、ちょうどその時の世代が、今の50代くらいになるのですね。

また、当社が扱っているコンクリートパイルやポールなどの製品に代表されるコンクリート二次製品の業界は、バブル崩壊以降ずっと規模が縮小し続けてきている状況です。

そういった事業環境の中、当社はM&Aなどで工場が増え、グループ内生産拠点が増えてきたということがあります。先程、工場長を集めて研修を行ったという話をしましたが、皆さんもう60代。

大半の工場では、それこそ70歳に近いくらいの方が責任者となっていますので、できるだけ早く工場の世代交代を進めなければいけないということがあります。

さらに、工場ごとに設備や製造のノウハウもまちまちで、工場の数も多い中、世代交代をいかに整備していくか

また、社員のキャリアにしても、当然1か所の工場だけにずっといるというわけにもいきません。たくさんの拠点や工場をまたいだ人事異動に柔軟に対応していかなければならないと考えています。

まずは実務担当者の横の繋がり、技能継承とまではいかなくても、実務レベルでの連携が不可欠ですので、そうしたことを早急にやらなければならないということが背景にあります。

今後、いわゆる世代交代を進めていく際に、実務だけで引き継いでいくのはなかなか難しいだろうという考えのもと、教育の機会を作る為にも、こうした研修を実施していこうということになったわけですね。

(岡田)
企業の人員構成が、教育課題のテーマに直接結びついていくと感じます。そうしますと、あと5年ぐらいすると、工場長をはじめとする多くのベテランの方々が抜けられて、工場をマネジメントする方がおられなくなるというようなことにも。

(人事室長)
去年から工場管理研修を受けている入社5~6年目社員が、本当に第一線でやっていかなければならないことになるでしょうね。

階層別教育に対する取り組み

(岡田)
企業人に求められるスキルを大別すると、“固有専門スキル”と“共通専門スキル”というものがあります。“固有専門スキル”というのは、モノづくりとかその職種における“腕前”に関するスキルで、“共通専門スキル”とは、職種を問わずその階層に求められるもの、例えばマネジメントやコミュニケーション、問題解決というようなスキルです。 御社では、こうした“共通専門スキル”に関しては、社内での研修メニューで取り扱っておられますか?

(人事室長)
今の段階では、階層別研修に関してはあまり充実できていませんね。部長クラス、課長クラスのところで留まっていますので、一般社員での階層別の研修は、全くないわけではないですが、これから体系を整備していきたいと考えています。

~つづく2/5~

まずはお気軽にお問い合わせください
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る