これからの生産技術者の役割【第2部】1. グローバル生産企画(3)

3 グローバルコスト実現への進め方

グローバルコストの定義を「グローバルで戦えるコスト」とする。

商品は、ハイエンドからローエンドまでさまざまであり、商品群の構成により戦略コストは異なる。3極(アジア、北米、欧州)を中心とする戦略価格を設定し、ここから利益を差し引いて原価(コスト)目標を設定する。

グローバルコスト実現への進め方を示したのが図表2-2である。戦略的なコスト目標では、顧客要求レベル、競業レベル、BRICs、VISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、 トルコ、アルゼンチン)等の製造レベルと比較して決める。ユニット別に目標を示すが、戦略的なコスト目標から、購入費、加工費、経費にコスト割付けをし、これと同時に製品群別の生産拠点を決める必要がある。

コストについては、常に仕様とコストの相関をみていくことが必要である。海外での商品企画では“シンプル化”もキーワードになる。過剰な仕様をいかに排除できるかもコスト実現の決め手となる。製造コストについては、理論値(歩留まり、工程能力等)を勘案しながら目標設定をするが、この理論値と工程設計条件を体系化、理論化することが生産技術の役割である。

2-2

これからの生産技術者の役割 目次
まえがき

経営戦略と生産戦略の整合化を

ものづくり改善体制づくリヘ5つのキーワード

あとがき

ものづくりで、前人未踏の地を開拓する

CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る