技術英語導入のご案内

技術・研究・生産部門の実務英語、こんな課題にお応えします

■ 急激に海外との受発注が増えていて、日常的に技術者が使う英語力の向上が急務
■ TOEICの目標スコアは掲げられているが、技術者特有の英語も磨くことが組織全体の課題になっている
■ 英会話は何とか通じるが、英文のメールや仕様書は苦手
■ 必要最小限の英語力で、技術情報を正確に効率よく伝えたい
■ 自社の技術や製品・サービスの魅力を海外に向けて英語で効果的に説明したい

技術英語とは

仕様書・指示書・解説書・図面・論文などに用いられる技術情報の伝達に特化した英語です。

素早く、適切な形で、正確に伝達することを目的とします。別名はテクニカルライティングといいます。もともとは英語圏の産業界で発達した手法で、「シンプルでわかりやすい」ことが大前提。英語が国際語として認知された現在、ネイティブ・非ネイティブの区別なく確実に情報のやりとりができる手法として、注目されています。

英語が苦手な方には、国際語としての英語に最低限必要とされる能力を知り、基礎から効率よく学ぶきっかけとなるでしょう。英語が得意な方には、英語力以外の面で、技術情報の伝達のために必要とされるポイントに気付いていただけるでしょう。「万人のための情報伝達」を目指す英語だからこそ、現在の英語力に関係なく、学ぶことで得られるものが必ずあるのです。

対象

  • エンジニアの語学サポートをご検討の人材開発部門の方
  • Eメールを使って業務を行う技術者・英訳実務担当者、生産部門担当者
  • 英語で仕様書や製品マニュアルの読み書きをする技術者、または翻訳する方
  • 開発・研究、生産技術、品質管理、製造、購買、技術営業、技術翻訳などの英語図面に携わる技術者と英語図面の書き方、読み方を学ばれる全ての方々
  • 英語で論文を書く技術・生産・研究部門の担当者、英語論文のテクニックと論文構成・表現を身につけたい方
  • 国際誌への投稿などで英語論文を世界に発信したい方、英語論文スキルの向上を目指している方、英語で論文を書くことに興味のある方

以下のようなご要望をお持ちの方は、是非とも「技術英語」分野のセミナー、企業内研修のカスタマイズをご検討ください。

□ 英会話は何とか通じるが、英文のメールや仕様書は苦手。
□ 必要最小限の英語力で、技術情報を正確に効率よく伝えたい。
□ 自社の技術や製品・サービスの魅力を海外に向けて英語で効果的に説明したい。
「技術英語」分野導入のご相談はこちらから
まずはお気軽にお問い合わせください
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る